アメリカ国立衛生研究所によると、2017年2月現在、全米50州と195カ国を含む約24万件の臨床試験が登録されています。より顕著なことに、これらの臨床試験の半数以上に、海外(すなわち、米国以外)の現場が含まれていました。世界の臨床試験現場は、単なる地理的な違い以上に異なっているものが多い傾向にあります。つまり、現場は文化的に異なるものであり、異なる規制を受けており、独自の交通ネットワークやインフラストラクチャの恩恵を受けています。過去何十年にもわたって世界中の臨床試験の利益が評価されてきましたが、多くの臨床試験スポンサーの間では、まだその意味が完全に理解されていません。通常、スポンサー組織内では、国際化への最善の解決策は、商品調達と調達プロセスを拡大することでした。しかし、商品調達アプローチは、複数の現場、複数の国家のプロトコル設計によって提示される管理上の課題の全てに対応することができません。これらの課題は、調達だけでなく、効率性、コンプライアンス、流通、プライバシー、倫理、および予算にも関係します。 ここでは、臨床および付属資材サプライチェーン・マネジメントと呼ばれる体系的な代替案の価値と利点について調査しています。

あなたのサプライチェーンを最適化してみませんか?

無料の臨床および付属資材サプライレビューをリクエストする